シミは紫外線対策をすることが重要

シミを消すための石鹸や化粧品などが様々ありますが、その効果を最大限に発揮させるためには
日頃の紫外線対策は欠かせません。

 

シミ,紫外線対策

 

 

美白には紫外線対策を!

 

美白成分が配合されている石鹸や化粧品を使って、美白にいそしむのはいいのですが、せっかくつるすべの素肌がよみがえっても、そこにまた紫外線や炎症が起こると、活性酸素が発生し、メラニンが生成されますので、再びシミができる原因となってしまいます。
ですので、美白美容液で対策をとっているからといって、安心するのではなく、紫外線対策を夏でも冬でも曇りの日でもきちんと行う必要があります。

 

日差しの強い夏場はもちろんですが、日差しが弱まる冬であっても、シミの原因になるUVA波というのは降り注いでいます。
その中に無防備な状態で、出てしまうのは、もう一度シミを作ろうとすることになってしまいます。

 

そこで、美白ケアをしているときにこそ、外出する際には、PA+++++の日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり
帽子をかぶるなどの紫外線対策をきちんと行いましょう。

 

シミ,紫外線対策

 

 

紫外線によって隠れたシミが・・・・。

 

できてしまったシミも気になるものですが、デパートなどの化粧品売り場などで、シミのチェックをしてもらうとシミとしてはまだ表面には出てきていないけれど、そのうちシミとして出てくるというシミがいくつもあるのがわかるときがあります。このシミが全部表面に出てくることを考えるとかなりの恐怖です。
そのシミ予備軍も、紫外線の刺激によってメラニンの生成が活発化するとどんどん濃くなっていきますので紫外線対策はきちんと行うべきものです。
美白成分入りの石鹸や化粧水を使うことで、新しくできる肌は
しみのできない肌へとコントロールすることは可能ですが、紫外線などの刺激には敏感になっていますので
紫外線対策は一年中必要になります。

 

 

 

シミは紫外線対策のまとめ

 

シミには紫外線対策が必要であることについて調べていきました。せっかく美白を頑張っていても、紫外線対策をせずに外に出てしまうと、またシミができることになってしまいます。美白成分によって、シミができにくい肌になったのであれば、刺激を与えないように、ケアしていくことが必要になるのですね。
肌が生まれ変わることにより、メラニンの沈着した肌も古い角質からはがれていきますので、新しくできた
肌にはシミができないように、しっかり紫外線対策を行って、肌を守っていきたいと思います。

 

シミ,紫外線対策
トップページへ