シミの種類!正しい知識で適切なケアを

 

シミにはどんな種類があるのでしょうか?調べていきました。

 

シミ,種類

 

シミにはいくつかの種類があります。

 

@ 老人性色素斑
おもに、紫外線が原因でできるシミになります。一般的にシミと言われているのはこの老人性色素斑になります。
通常は、紫外線を浴びて肌が黒くなっても、肌のターンオーバーにより、肌が再生して、普通の肌に戻っていきますが、紫外線を浴びすぎると、メラニンが肌の中に留まって、それが老人性色素斑として現れます。
アウトドア好きの人や紫外線対策をあまりしてこなかった人は要注意です。

 

 

A 炎症性色素沈着
炎症性色素沈着は、ニキビや摩擦によって肌の中で炎症が起こってしまったことが原因となっています。
茶色いニキビ跡などが気になる場合がないでしょうか。炎症などが起こると、そこに活性酸素が発生しメラニンの生成が促されます。
するとシミとして肌に残ることになります。
こちらも、肌のターンオーバーが正常に機能すればきれいな素肌に戻っていくのですが、繰り返されるニキビなどにより、次々に炎症が起こり消えないシミへとなっていきます。

 

 

B 肝斑
30~50代の女性に多く見られるシミで、女性ホルモンの影響が主な原因と言われています。
特に、妊娠中やピルを服用されている方はできやすいのでお気を付けください。
摩擦や刺激や紫外線によっても濃くなっていくので、一度できてしまったら、適切なケアをすることが大切です。
閉経とともに消えていくことが多く、60代以降の女性にはあまりみられません。

 

 

C 雀卵斑
いわゆるそばかすというものです。顔全体に小さい茶色いシミができます。
ほとんどの場合は遺伝が多いですので、子供のころからあるという場合が多いのではないでしょうか。
大人になってからでき始めた場合には、老人性色素斑と同じく、紫外線が関係しています。
色白の人はできやすいので注意が必要です。

 

 

D 脂漏性角化症
脂漏性角化症は肌表面にできる良性の腫瘍です。老人性イボともいわれています。
紫外線や遺伝、老化によってできます。勝手に消えることもありません。
表面がざらざらしていて盛り上がっているのも特徴なので、悪性の腫瘍でないか病院でチェックしてもらう必要があります。

 

E 光線性花弁色素斑
光線性花弁色素斑は、みずぶくれややけど状になるような強烈な紫外線によってできるシミです。
色白の人や日焼けをすると赤くなるという人にできやすいといわれています。
紫外線を浴びた数か月後などに、比較的早く肌に現れます。

 

シミ,種類

 

シミの種類のまとめ

 

シミの種類について調べていきました。一般的にシミと言われているのは、紫外線が原因でできる老人性色素斑というシミということでした。こちらのシミは美白化粧品によってだんだんと薄くすることも可能ですので紫外線対策をしっかり行って肌をケアしていけるといいですね。

 

シミ,種類

 

トップページへ