シミと遺伝の関係

シミができやすい体質というのは遺伝するのでしょうか。調べていきました。

 

シミと遺伝の関係

 

シミは遺伝する?

 

シミのできやすい体質というのがあるかは定かではありませんが、肌が色白であったり、紫外線などに弱い体質というのは存在します。
日焼けをしたときに、赤くなってしまうという場合には、紫外線に弱いタイプであると考えられます。両親が色白で紫外線に弱いタイプであれば、子供さんも同じ肌質を受けついでいる可能性は大きいです。

 

ですが、シミというのは、後天的な原因が多いので、普段のケアでシミができないように注意することは可能です。
両親が紫外線に弱く、メラニンが生成されやすいシミなどの多いタイプであれば、紫外線対策をきちんと行うことで、シミができることを抑えることは可能です。
両親を見てシミがあるという人は、自分も同じような体質を遺伝して持っていることを自覚して、日々の美白ケアを行っていくといいですね。

 

シミと遺伝の関係

 

 

そばかすは遺伝によるものである。

 

シミと同じような様相のものに、そばかすがありますが、こちらは遺伝によるものが大きいです。
紫外線などの刺激によって加齢とともにできてくるシミとは違い、小さな子供のころからある場合は多いです。

 

そばかすの場合は、美白ケアではなくならないので、どうしても気になる場合にはレーザー治療などになります。
しかし、そばかすは大人になっていくとともにだんだんと薄くなっていく傾向にあります。

 

ただし、紫外線を大量に浴びると濃くなるので、紫外線対策は十分に行いましょう。
そばかすは美白ケアでは消えないのですが、紫外線によって、そばかすの周りにできるシミというのは美白ケアで薄くすることは可能ですので、全体としてはそばかすが薄くなっていくということはあります。

 

 

 

 

まとめ

 

シミというのは後天的なものが原因で起こるものであるため、日ごろのケア次第で薄くすることも可能です。
色白で紫外線に弱い体質であるかなどは、自分の親を見てもわかりますので、日頃のケアもしやすいですね。
そばかすは遺伝によるものが大きく、小さな子供にもあります。

 

年齢とともに薄くなっていくということですので、やはり日頃のケアをして、後天的なシミを増やさないように予防していくことが、より綺麗な素肌でいられる秘訣となってくる様子です。
肌は毎日生まれ変わっていますので、汚れをきちんと落として、刺激や炎症が起こらないように気を付けるだけでも、本来のつるつるすべすべの素肌に近づいていくということですね。

 

シミと遺伝の関係

 

トップページへ