シミを予防する洗顔方法!正しい洗顔のやり方を紹介

シミを予防する正しい洗顔方法について調べていきました。
顔のしみやくすみが気になる場合には、顔の汚れや洗顔方法が原因かもしれません。

 

シミを予防する洗顔方法

 

 

正しい洗顔方法

 

@ ぬるめのお湯を使用すること
A 最初に、さっとぬるま湯で肌を流して汚れを落とします。
B 両手に洗顔料をのせて、しっかり泡立てます。
C 顔に手ではなく、泡が触れるようにして、泡で洗います。
D ほほやおでこだけでなく、フェイスラインである顎や生え際も忘れずに洗います。
E 手でこすらずに、ぬるま湯をあてるように何度もすすぎます。
F 柔らかく肌触りの良いタオルで顔を押さえるように水分を拭きます。

 

シミを予防する洗顔方法

 

 

洗顔をするときには汚れをきちんと落とそう。

 

洗顔をするときには、洗顔料をたっぷり泡だだてて、泡で優しく洗いましょう。
手で肌をこすって汚れを落とすと肌への刺激になりますので、あまりよくありません。
専用のネットなどで、もこもこと泡を作ってから、泡で汚れを包み込むように落とすことがベストです。
汚れもきれいに落ちていきますし、肌を痛めることもありません。

 

洗浄力の強い洗顔料などだと、肌に直接つけると刺激になり肌荒れの原因にもなります。
また、顔を洗う時には、ぬるいと感じる程度の温度のお湯であらうといいです。
洗顔に適した温度は30~32度となっています。

 

肌の皮脂が溶け出す温度と言われていますが、余計な皮脂は取り除きつつ、必要な皮脂分は残す温度が
30~32度くらいになります。

 

熱いお湯のほうがさっぱりと汚れが落ちたような感じはしますが、肌にはあまりよくありません。
朝はメイクをしていないからと水だけで顔をすすぐだけの場合もあるかと思いますが
メイクをしていなくても皮脂などは分泌されますので、肌は汚れています。

 

朝も、刺激の少ない洗顔料で、泡立てて顔を洗うことが望ましいです。
夜はメイク落としも含めて、しっかり汚れを落とすように洗顔しましょう。

 

シミを予防する洗顔方法

 

シミを予防する洗顔方法のまとめ

 

シミを予防する洗顔方法について調べていきました。肌のターンオーバーを促進させるには肌表面の汚れや古い角質を溜まらないように除去することが大切になってきます。そのためには、しっかり汚れを落とせる石鹸で
泡立ててあげて、顔の古い角質や汚れを洗い流していきましょう。強い洗顔料でごしごし洗うことは肌荒れにもつながり、シミの原因にもなっていくので、顔を洗う時には泡で優しく包み込むように汚れを落としていくことが大切になってきます。お湯の温度も、すべての皮脂を洗い流して乾燥してしまわないように、ぬるめのお湯で洗うといいということです。

 

シミを予防する洗顔方法
トップページへ